雪 虫

雪 虫

先日、仕事帰りに慌ただしく歩いていると、目の前に白く淡い雪が降ってきました 思わず手で受けると、それは「雪虫」でした 「雪虫」が群舞すると、北国では間もなく雪が降ると言います 淡雪の如く飛ぶ姿は、四季ある国の風物詩 仕事のことで頭をいっぱいにしていた私に、しばしの休息を与えてくれました 日毎に夕暮れが早くなり秋が深まる……



祝 百周年の「旧古河庭園」

記事投稿:名建築・みがき隊事務局 日野美奈子
祝 百周年の「旧古河庭園」

先日、東京の旧古河庭園を訪れる機会がありました。 敷地内の高台には洋館が建っていて、その内部を見学しましたが、1階から2階へと各部屋を進むにつれ、洋風から和風へと次第に趣が変化する不思議な空間でした。 応接室や食堂は、天井の漆喰や暖炉周りの木造部分に、壁紙と同じく華やかな草花の彫刻があしらわれており、テラスは喫茶室にも……



日本の匠の技

日本の匠の技

文化財として指定された建物が、様々な理由で維持できなくなって形を変えたり、惜しまれつつ姿を消す事があります。その背景の中で、時代の変化とともに創建当初の素材や技法が絶えてしまった、という話を耳にします。 名建築の姿・形をその如く後世に継いでいく為には、伝統的な素材の確保や技法の継承、さらに技能職の育成はとても重要な課題……



大正レトロ

記事投稿:名建築・みがき隊事務局 日野美奈子
大正レトロ

  名建築・みがき隊のお部屋にいつも花を飾っていますが、 今回はほんの少し趣向を変えてみました。 瓶の下に敷いているコースターのようなもの・・・ 何かわかりますか? 一見、パズルのピースのようですが 実は、ゴムタイルの一部です。           こちらは先日、旧安田……



宝に磨きを

記事投稿:名建築・みがき隊チーフ 今野貴広
宝に磨きを

先日、岩手県平泉町にある世界遺産の文化財を見学する機会がありました。 12世紀、奥州藤原氏は平和国家を願い、平泉の町に浄土庭園を造営しました。以降、度重なる災害や経年劣化、社会情勢などが起因し、往時の風景からは変わっていますが、藤原氏が憧憬した浄土思想が評価され、2011年世界遺産に登録されました。800年以上の年月を……



熱海の文化財を後世へ繋げるために<その3>

記事投稿:名建築・みがき隊事務局 日野美奈子
熱海の文化財を後世へ繋げるために<その3>

「熱海の文化財を後世へ繋げるために」対談もいよいよ最終回です。 その1、その2については、下記のリンクをご参照ください。 熱海の文化財を後世へ繋げるために<その1> 熱海の文化財を後世へ繋げるために<その2>       登録有形文化財を活用した事例 及川:市民のために文化財をどのように活……



記事投稿:名建築・みがき隊事務局 日野美奈子
虹

    今年の夏は連日、厳しい暑さが続いています。 名建築・みがき隊の夏の活動についても いろいろと計画を練っているところです。 先日、夕方からの大雨の後、急に陽がさして 空を見上げると、二重の虹がかかっていました。 しばし自然の美しさに目を奪われ、 暑さも忘れるひとときでした。 その一方で、西日本……



熱海の文化財を後世へ繋げるために<その2>

記事投稿:名建築・みがき隊事務局 日野美奈子
熱海の文化財を後世へ繋げるために<その2>

「熱海の文化財を後世へ繋げるために」対談の続編です。 その1については、下記のリンクをご参照ください。 熱海の文化財を後世へ繋げるために<その1>   熱海市が注力していること 及川:文化財の魅力を多くの人に知っていただくためにも、様々な方に来ていただき、先ずは見てもらうことが大事だと思います。近年、熱海は非……



短冊に願いをこめて

記事投稿:名建築・みがき隊事務局 日野美奈子
短冊に願いをこめて

もうすぐ七夕☆ということで、 みがき隊のお部屋にある床の間に生けている花も 七夕仕様にしてみようと思いつき、一声かけたら 早速、隊長やチーフも短冊を書いて協力してくれました! 隊長は自宅で墨をすって筆で書いてきたそうで、両面に書かれた力作です。 私とチーフも短冊を書くのは何年ぶりかな~?など話しながら 墨をすって以前削……



熱海の文化財を後世へ繋げるために<その1>

記事投稿:名建築・みがき隊事務局 日野美奈子
熱海の文化財を後世へ繋げるために<その1>

先日、熱海の東山荘にて開催された文化財の保存活用に関する対談は、 今後の文化財の利活用について、一つの展望を示唆する内容でした。 その内容を、これから3回に分けてお伝えしていきたいと思います。   「文化財の保存活用について」~熱海の文化財を後世へ繋げるために~ 日 時:平成30年5月21日(月)15時~17……