千年杉

記事投稿:名建築・みがき隊チーフ 今野貴広
千年杉

先日、岩手県にある『えさし藤原の郷』に行く機会がありました。ここは、古代から中世にかけて、奥州藤原氏の偉業と東北の文化を学び体感できる歴史公園です。 園内を順路に沿って回っていると、ある1つのものに目が釘付けになりました。それが『延命千年杉』と名付けられた樹齢1000年の古代杉です。(直径:最大4.2m・最小1.3m、……



熱海の文化財を後世に

記事投稿:名建築・みがき隊事務局 日野美奈子
熱海の文化財を後世に

第6回 名建築・みがき隊ワークショップは好天に恵まれ、熱海・東山荘(国の登録有形文化財)から望む素晴らしい海景のもと、二部構成で開催しました。 【第一部:ワークショップ】 太田講師より、木のサンプルを用いながら木が持つ特性や「みがき」について説明を受けます。 その後、各班に分かれリーダー指示のもと、それぞれの場所で「み……



スケッチ

記事投稿:名建築・みがき隊チーフ 今野貴広
スケッチ

先日、みがき隊講師の太田新之介先生から熱海・東山荘のスケッチについてご指導を頂きました。 その中で、「何も見ずに自分の記憶だけを頼りにして、熱海・東山荘のスケッチを描いてみて下さい」というお題がありました。 (えっ…………………。) 頭の中が真っ白になり、戸惑いしかなく、クロッキー帳を開いてもなかなか鉛筆が動いてくれま……



東山荘の原風景

東山荘の原風景

5月17日、内田青蔵 教授(神奈川大学工学部建築学科)と一般財団法人 住総研の調査関係の皆様によって、東山荘の建物調査が行われ、立ち合いをさせて頂きました。 東山荘は敷地内の7棟が登録有形文化財となっていますが、そのうち初代オーナーの石井健吾による「正門」「本館」「倉庫」「離れ応接」、さらに二代目オーナーの山下亀三郎に……



しとやかに

記事投稿:名建築・みがき隊事務局 日野美奈子
しとやかに

我が家の庭の芍薬の花が鮮やかに咲きました。 みがき隊事務所のデスクの脇にも飾ってみました。 いい気分で仕事がはかどりそうです! 「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」 とは美しい女性の姿や振る舞いを花に見立てた言葉だそうです。 お花のいい香りにつつまれて、心なしか動作も少しは(?) おしとやかになりそうです。



竹ペン

記事投稿:名建築・みがき隊チーフ 今野貴広
竹ペン

(左図)先日、みがき隊講師の太田新之介先生にご指導頂きながら、竹ペンを制作しました。後日、その竹ペンに墨を付け、和紙に「美我輝(みがき)」を描いてみました。 硯の上に水を垂らし、少しずつ墨を摩って描いて、磨って描いてを繰り返していくと、意図せずして、和紙一面に「美我輝」のグラデーションが現れました。   &n……



「親子でみがき隊」を思案中

「親子でみがき隊」を思案中

先般、郷里に帰省した際、実家の一部屋を小学生の娘と「プチみがき隊」をしてみました。 文化財でも何でも無い、まったくどこにでもある普通の住宅ですが、築三十年以上を経過して、みがきをするには好都合でした。建築時に柱などの保護に塗られた砥の粉もまだ少し残っていたらしく、見違えるように綺麗になりました。 娘と一緒に、みがく前の……



初夏の花

記事投稿:名建築・みがき隊事務局 日野美奈子
初夏の花

みがき隊のお部屋にある床の間に いつもお花を生けています。 お花をたくさんいただいたので、 早速生けてみました。 コデマリとヤブデマリの白に、 ピンクのグラデーションが映えて とても華やかになりました。 ツツジの美しい季節を感じます。  



第6回 東山荘・みがき隊 ワークショップ・対談のお知らせ

記事投稿:名建築・みがき隊事務局 日野美奈子
第6回 東山荘・みがき隊 ワークショップ・対談のお知らせ

新緑の爽やかな季節となりました。 このたび、名建築・みがき隊では、国の登録有形文化財「東山荘」にて 齊藤熱海市長をお招きし、みがき隊講師の太田先生との対談を企画しました。 対談に先立ち、今回もみがきのワークショップを開催しますので、ぜひご参加ください。 日 時:平成30年5月21日(月) 13:00-17:00 講 師……



さくらの茶会

さくらの茶会

先般、地域の子ども達を対象とした「桜の茶会」に参加してきました。 地方銀行の主催で行われた茶会では、地域事業として子どもと保護者が招待され、季節感ある和菓子づくりを体験し、お茶の頂き方を学びました。 床の間は、俵屋宗達の椿扇図と桜の花によって、椿咲き桜ほころぶ早春の季節が演出され、 床に活けられた河津桜は、前日に伊豆河……